遺品整理のコンテナ

自治体のゴミ回収サービスでOK?遺品整理の「ゴミ捨て」について

遺品整理を行うと、大量のゴミ(不用品)が出ます。
たとえば、故人がひとり暮らしだった場合には、

・故人が着ていた服

・履いていた靴

・料理をするために使っていた調理器具

・家具や家電

……などなど、さまざまな物をゴミとして処分する必要があります。

ゴミ回収これらの「遺品整理によって出たゴミ」は、「各自治体が行っているゴミ回収サービス」を利用することで処分することができますが、もうひとつ「遺品整理の専門業者」にお任せするという方法もあります。

どちらがより良い処分の方法なのか、ここではそれぞれのメリット&デメリットをまとめてみたいと思います。

「家庭系一般廃棄物」の処分方法

作業員ゴミとして処分することになる遺品は、専門用語的には「家庭系一般廃棄物」とされます。

産業廃棄物ではなく、企業のオフィスなどの事業所が出すわけではない、「家庭の一般ゴミ」を意味する用語です。

このようなゴミは、主に以下のような種類に分けて各自治体のゴミ回収サービスを活用して処分することができます。

可燃ゴミ

可燃ゴミ紙類や繊維製品、皮革製品やプラスチック類、生ゴミ、ゴム製品など。

燃やして処分することができるゴミを指します。

洋服や書籍、冷蔵庫の中に残った食品などがこれにあたります。

ゴミ袋にまとめて、「燃えるゴミの日」に出しましょう。

不燃ゴミ

不燃ゴミ金属製品やガラス製品、陶磁器など。燃やして処分することができないゴミを指します。

鍋やフライパン、食器、包丁などの調理器具、手鏡など、さまざまなものが考えられます

可燃ゴミと同じくゴミ袋にまとめて、「燃えないゴミの日」に出します

粗大ゴミ

粗大ごみ大型の家具・家電製品をはじめとする粗大ゴミは、各自治体が定めているコンビニなどで「粗大ごみ処理券」「手数料券」(自治体によって名称が異なります)を購入したうえでゴミ回収サービスを利用します

“券”という名称ではありますが、これらはシールであり、粗大ゴミに貼る必要があります。決まった日に家の前に出しておくと、ゴミ回収車が取りに来てくれます。

「粗大ごみ処理券」「手数料券」の料金は粗大ゴミの種類や大きさごとに違います。

大阪府大阪市の場合は、以下のような感じになっています(一部のみ)。

200円

・オーディオ機器

・カセットコンロ

・炊飯器

・扇風機

・掃除機

・ストーブ

・ビデオデッキ/DVD/Blu-rayプレイヤー

・ギター

・スーツケース

400円

・ステレオセット

・ガスコンロ

・電子レンジ

・石油ファンヒーター

・家庭用コピー機

・自転車

700円

・給湯器

・タンス(幅・高さ・奥行の合計が2m未満)

・本棚(幅・高さ・奥行の合計が2m以上)

・ひとりがけ用ソファ

1,000円

・ガスオーブンレンジ

・タンス(幅・高さ・奥行の合計が2.5m未満)

・本棚(幅・高さ・奥行の合計が2.5m以上)

・2人がけ用ソファ

家電

家電製品粗大ゴミのうち、「エアコン」「テレビ」「冷蔵庫」「洗濯機」という家電製品の4品目のみはゴミ回収サービスで処分することができません。

これらは「家電リサイクル法」にのっとって、以下のような料金を支払ったうえで「指定引取場所」に運ぶ必要があります

エアコン:972円

テレビ:1,836円(16型以上は2,916円)

冷蔵庫:3,672円(内容積171リットル以上は4,644円)

洗濯機:2,484円

各自治体の許可を得た運搬業者に回収してもらうこともできますが、その際は3,000円ほどかかります。

自治体のゴミ回収サービスでOK?

ゴミ回収サービスのメリット

回収業者処分する物の量にもよりますが、それほどお金をかけずに処分できるのがメリットであるといえます。

粗大ゴミやリサイクルすべき家電がある場合も、1~2万円程度ですませることができるでしょう。

ゴミ回収サービスのデメリット

時間や手間がかかる点はデメリットであるといえます。ゴミをまとめるだけでなく、たとえば「粗大ゴミを家の外に出す」だけでも簡単ではありません。

重いステレオセットやタンス、ソファなどを運び出すのは重労働です。

業者に頼めばまとめてスッキリ!

業者の不用品回収サービスのメリット

遺品整理業者による査定遺品整理を専門とする業者に依頼すれば、ゴミをまとめる作業もゴミ回収の作業もすべてお任せすることができます。

わざわざ粗大ゴミを回収してもらうためにシールを買いに行ったり、家電を捨てるために指定引取場所まで運んで行ったりする必要はありません。

業者の不用品回収サービスのデメリット

すべてをお任せできるかわりに、費用がかかるという点はデメリットとして挙げられるでしょう。

遺品整理を行う家の広さや遺品の量にもよりますが、10~20万円、あるいはそれ以上に費用がかかることもあります

まとめ

遺品査定士いかがでしょうか。ここでは、遺品整理には欠かせない「ゴミ捨て」という作業にフォーカスしてまとめてみました。

各自治体のゴミ回収サービスを利用すれば、費用は抑えることができるものの手間・時間がかかります。

一方、遺品整理の専門業者のサービスを利用すると費用は高くなりがちですが、手間も時間もかけずにまとめてスッキリやってもらうことができます。

「費用を抑えたい」
「あまり手間をかけたくない」

など、それぞれの希望に合う方法を選びましょう。