遺品整理のコンテナ

いくら用意すればいいの?遺品整理の料金相場について

料金相場遺族だけでは済ませることができない遺品整理を代行し、テキパキとより分け、不用品は供養のうえで適切な方法で処分してくれる専門業者。

「もし依頼することになったら、いくらくらいかかるものなのかしら?」

そんな疑問を持つ方も多いかと思います。

ここでは、そのような方に参考にしていただくために、「遺品整理の料金相場」についてまとめてみました。

遺品整理の料金相場

料金を見積りする遺品整理業者遺品整理の料金については、「適正価格」が国や自治体に定められているわけではありません。業者が作業の内容を考慮して独自に決定しています。

とはいえ、特に最近は遺品整理の知名度が上がり、業者が増えていることもあって、ほかよりも飛びぬけて高い料金を設定するような業者はあまり見られないようです

というわけで、大体の料金相場をここに発表することができます。まずは以下のデータをご覧いただきたいと思います。

1K:35,000円~(1名)

1DK:60,000円~(2名)

1LDK:80,000円~(3名)

2DK:120,000円~(3名)

2LDK:140,000円~(4名)

3DK:170,000円~(5名)

3LDK:190,000円~(5名)

4DK:210,000円~(6名)

4LDK:240,000円~(6名)

荷物の数々これが、大体の料金相場であるといえます。見ていただければわかるように、部屋の広さによって大体の料金、また作業に当たるスタッフの数も決定されています

ただし、あくまでも「相場」であり、目安程度に見ていただければと思います。

遺品整理は、部屋の広さはもちろんですが、遺品の量でも作業の内容が変わってきます

整理すべき遺品がたくさんある場合は、相場よりも少し高くなってしまうこともあり得ます。(※そのため、金額のあとには「~」を付けています)

費用の内訳

料金を計算する依頼者さて、上記のような料金で遺品整理を手がけてくれる業者。

「品物をより分けて不用品を運び出すだけなのに、ちょっと高いのでは?」

そんなふうに感じる方もいらっしゃるかもしれません。というわけで、ここでは遺品整理にかかる費用の内訳をまとめてみたいと思います。

人件費

遺品を運ぶ業者まず必要になるのは、たくさんの遺品を丁寧に整理して「残すもの」「不用品」に分け、不用品を運び出す作業を行うスタッフの人件費です。

機械的な作業をする人員のように思われるかもしれませんが、彼らは専門の知識と技術を持つプロのスタッフ。決して遺品を粗雑に扱わず、搬出する不用品の梱包もしっかり行い、大きな荷物を運ぶときに床や壁を傷つけないように気を配り……これを、テキパキとスピーディにこなしていきます。

また、場合によっては部屋の清掃が必要になるケースもあります。

車両の費用

遺品整理業者のトラックそれほど大きな費用ではありませんが、こちらも必要不可欠なものです。

遺品整理の結果、少なくない量の不用品を処分しなければならなくなったとき、処理場まで運ぶための車が必要となります。そこでかかる費用が、遺品整理の料金に含まれています。

不用品処理の費用

梱包に使った消耗品遺品整理を手がけ、不用品を回収する仕事も請け負う専門業者は、「一般廃棄物処理業」の営業許可を取得しています。法律で決められたとおりに不用品を運び、適切な方法で処分します。

そのために、少なくない経費がかかることがあります。また不用品を仕分けしたり、梱包したりするときに使う消耗品の経費も上乗せされます

オプションサービス

オプションを勧める業者上記の表に記載している料金は、あくまでも「基本料金」。遺品を整理し、不用品は梱包して車両に詰め込み、法律に従って廃棄物処理を行う……この一連の作業でかかる費用です。

このほかに、遺族の希望に合わせて「有料オプション」をつけてくれる業者があります。たとえば、遺品整理後にお坊さんを家に呼んで、お経を唱えてもらう「自宅供養」などが挙げられます

「自宅供養」とは?

自宅供養不用品の供養は、業者が車で運び出したあと、処理場に運び込む前にお寺に寄って行うのが一般的。

業者とお寺が提携しており、事前に連絡をしたうえで遺品を持ち込み、お経をあげてもらうわけです。

複数の業者と提携し、その日に集まった遺品をまとめて供養するというお寺も少なくありません。多くの場合、遺族は立ち会うことはありません。

一方、
「たとえ捨てるとしても、せっかくなら私たちも一緒に供養したい。ほかの家と一緒じゃなく、うちの遺品だけのために供養をしてもらいたい」
という方もいらっしゃるかと思います。

そんなときに依頼できるのが、「自宅供養」です。料金相場としては、20,000円程度になるようです

まとめ

遺品整理士いかがでしょうか。ここでは、遺品整理を業者に依頼した際の料金相場についてまとめてみました。

遺品整理を専門業者に依頼する際、まずは見積もりを立ててもらうことになるかと思いますが、今回例として挙げた表も活用しつつ、見積もり額が適正かどうかチェックしてみていただければと思います

もちろん多少前後することはあるかと思いますが、相場の何倍ものお金を見積もりで出されたという場合、悪質な業者である可能性があります

おすすめなのは、複数の業者に見積もりを依頼して見比べる「相見積もり」という方法です

相場通りの料金で作業を手がけてくれる優良業者を探すために、ぜひやってみてください。