遺品整理はどうやって行うの?方法とポイントを徹底解説!

遺品整理は難しい?

考え込んでいる女性身内がなくなった時、故人の遺品をそのままにしておくわけにはいきません。そこで必要なのが遺品整理です。

「遺品整理」という言葉を聞くと、なんだか難しそう……と思ってしまいますよね。

遺品によっては手続きが必要なものがあったり、遺品を整理すること自体が面倒に感じたりすることもあるので、難しいというイメージがあるのでしょう。

しかし、結局は「遺品」を「整理」するだけなので、それほど難しいものではないのです。では遺品整理はどのように進めていけばいいのでしょうか。

遺品整理の方法

遺品整理は、断捨離や大掃除の要領で遺品を分類する作業が必要となります。

・貴重品

・形見として残すもの

・再利用するもの

・廃棄するもの

上記のような分類を身内で行い、整理していきます。これらの分類作業や、貴重品の手続きを行う作業が遺品整理です。

イメージしていたよりも簡単に思えますよね?そのため、故人の身内だけでも遺品整理は簡単にできるのです。

遺品整理業者しかし、お仕事が忙しくなかなか時間が取れない方や、身体が不自由で遺品整理の作業ができない方、なによりも遺品整理の作業が面倒に感じる方もいらっしゃることでしょう。

そういった場合、業者に依頼することで遺品整理を簡単に行うことができます

実際に遺品整理を行う上では、これらの方法のどちらかを選択することになります。この時、どちらの方法を選択するのかは故人の身内で決めなければなりません

それぞれの方法やメリット・デメリットを知り、それを理解したうえで選択しましょう。

個人の身内で遺品整理を行う場合

身内で遺品整理上述したような分類で遺品を整理していくことで故人の身内だけでも簡単にできます
特に故人の遺品の中には大切な思い出が詰まったものもあることでしょうから、その分類は業者に任せるよりも自分たちで行う方がハッキリと分かることでしょう。

遺品整理を身内で行う場合のメリット

遺品整理を身内だけで行う場合のメリットとして以下のようなことが考えられます。

・費用がかからない

・遺品を丁寧に仕分けることができる

・故人の思い出に浸りながら身内同士でコミュニケーションがとれる

遺品になつかしさを感じている老人故人のもののなかには大切なものも多いはず。他人や第三者には価値の無いように感じられるものであっても、身内にとっては非常に価値のあるものもあることでしょう。

そういった遺品を一つひとつ丁寧に判断して、仕分けることができます。そして、遺品を一つずつ確認する中で、その思い出に浸ったり、それを話のネタに身内だけのコミュニケーションをとったりすることもできます。

なにより個人の身内だけで作業を行うわけですから、費用もかかりません。大人数でできるのであれば、作業時間も短くて済むのですぐに終わらせることができるでしょう。

遺品整理を身内で行う場合のデメリット

しかし個人の身内だけで遺品整理を行う場合にはデメリットも少なからずあります。

・面倒な手続きを行わなければならない

・作業をする時間を確保しなければならない

・状況によっては作業が進まない

通帳と印鑑貴重品は美術品や骨とう品、貴金属など以外に、銀行の通帳、不動産の権利書、各種契約書など、遺品を整理する上で法的な手続きが必要なものもあります。

このような遺品を整理する場合、期日などもあるため、できるだけ早急に対応する必要があります。

また、故人の住居がいわゆるゴミ屋敷のような状態、あるいは少ない人数で遺品整理を行わなければならないといった状況の場合、なかなか作業が進まないこともあります。

業者に遺品整理を依頼する方法

遺品整理業者個人の身内だけで遺品整理を行うのは時間もかかってしまうし、面倒に感じるといった方の多くは遺品整理のプロである業者に依頼しています。

遺品整理のプロとは、「遺品整理士」という資格を持った方々のことです。

インターネットを使用すれば遺品整理業者を簡単に見つけることができますし、費用が気になる場合は見積もりの依頼もできます。

遺品整理を業者に依頼するメリット

遺品整理を業者に依頼することで、以下のようなメリットがあります。

・時間がかからない(時間を短縮できる)

・法的な手続きが必要なものも簡単に整理できる

・故人の身内の状況にかかわらず遺品整理ができる

相続税の手続き故人の遺品の中に金銭的な価値の高いものがある場合、相続税などがかかることもあります。

相続税のかかるものは早めの対応が必要なため、遺品整理士に依頼することで時短できます。

また、故人の身内がなかなか集まることができない状況であっても、業者に依頼すれば簡単に遺品整理を行うことができます。

遺品整理を業者に依頼するデメリット

業者に依頼することにはたくさんのメリットがありますが、反対にデメリットがあるのも事実。どのようなデメリットがあるのでしょうか。

・費用が掛かってしまう

・遺品整理業者によっては遺品をぞんざいに扱われることがある

遺品整理業者を調べるユーザー遺品整理業者に依頼するとなれば、料金が掛かってしまうことは間違いありません。

さらに、遺品という大切なものにもかかわらず、それを雑に扱ってしまう業者も少なからずいます

そういった業者に当たらない為には、慎重な業者選びが必要ですし、見積もりの料金などで比較する手間もかかってしまいます

まとめ

オペレーターいかがでしょうか。遺品整理は故人の身内だけでも行うことができますし、遺品整理業者に依頼することで簡単に行うことができます。

それぞれにメリットとデメリットがあるため、それぞれのポイントを理解して遺品整理を行うことが必要です。

「遺品」とは、故人の遺(のこ)した品のこと。そんな大切なものだからこそ、慎重に考え、納得できる遺品整理を行いましょう。